ブログ初心者が10記事書くことで得たもの【収益化の第1歩】

アイキャッチ画像ブログ

「ブログを始めたら、まず10記事を書け。」ってのはよく言われますよね。

じゃあ10記事書いたらどうなるの?

というのは気になるところだと思います。
今回はそんな方のために「ブログ初心者の僕が10記事書いて得たもの」5つ紹介します。

この記事が、ブログ初心者がまず10記事書く時のモチベーションになればなと思います。

ちなみに筆者は2019年5月29日にブログを始めました。
この記事を執筆している現在が2019年6月10日なので、日数にして13日が経過しています。
そしてこれが12記事目となっております。

初心者にとって10記事は長かったですが、まだ楽しめる範囲でした。

ブログ関連の記事は他にも書いています。

↓Googleアドセンスに合格した後にすべきことについての記事です。

↓Amazonアソシエイトに合格するまでの過程を書いた記事です。

↓2カ月ブログをサボった僕が、再開できた理由についてです。

スポンサーリンク

ブログ初心者の僕が10記事書いて得た5つのもの

それが以下の通りです。

  • その①:Googleアドセンスの合格
  • その②:記事の執筆スキル
  • その③:アイキャッチ画像編集スキル
  • その④:ブログ村サブカテゴリーの上位
  • その⑤:先の道が照らされた事実

順番に見ていきましょう。

その①:Googleアドセンスの合格

Googleアドセンスに合格
実際のメールをトリミングしたもの

まずは明確な成果物をあげておきますね。

10記事目を書いた次の日に、Googleアドセンスの審査を通過しました。
寝起きで合格メールを見て、一瞬で目が覚めたことを覚えています。

実は7記事目を書いたタイミングぐらいで、Googleアドセンスに申請をしていたんですよね。
審査期間中も記事を書き続けて、結果が来たのが結果的に10記事目だったということです。

Googleアドセンスに合格したときは、本当に嬉しかったです。

Googleアドセンスに合格した方はこちらもどうぞ↓

その②:記事の執筆スキルの向上

そもそも10記事を書き切ることは、僕にとっては大変でした。
しかしそのおかげで身に付いたものが、記事の執筆スキル。

具体的には、「ネタ考案スキル」「記事構成スキル」です。
ひとつずつ解説していきます。

ネタ考案スキル

10記事のネタを考えることでさえも、趣味なしの僕には苦行でした。
そこでネタを生み出すためにどうすればいいかを試行錯誤して、今実践していることがこちらです。

過去の自分に向けて書く

過去の自分が困っていたことを思い出して、その過去の自分が読めば救われるような記事を書くようにしました。
具体的には大学に入学したての自分に、読んでほしい記事などですね。

時計

例えばこの記事などは、「10記事書けと言われましても、10記事書いたら具体的にどうなるの?」と疑問に思っていた自分に向けて書いています。

この考え方を覚えてからは、ネタを考えることが苦行ではなくなりました。

スマホにブログネタを書いたメモ帳を作る

メモ

これは原始的なようでめちゃくちゃ効果的です。
ポイントは2つあって

  • いかなる状況でもすぐにメモ
  • どんなショボいネタでもメモ

です。

僕はたとえ布団に潜り目を瞑っていても、ネタを思いついたらスマホを開き明るい画面にメモをしています。
またどんなにショボいネタであっても、あとで手を加えれば化ける可能性があると考えています。

記事構成スキル

これは10記事を書いた経験もあるのですが、本を読んで会得した部分が大きいです。

私は7記事目を書いたぐらいで、「こんな文章構成じゃだめだ」と思い、ある2つの書籍を購入しました。
▼それがコチラ▼

書籍の具体的な内容に触れることは、著作権の都合上で残念ながら省略させていただきます。
しかしこれらの本によって、

  • 構成の基礎
  • 文章の基礎
  • 書くということの意義

などを学べました。

ブログを10記事書かないと、僕はこれらの本を読み勉強することはなかったと思います。

その③:アイキャッチ画像編集スキルの向上

このブログのアイキャッチ画像は、「Canva(キャンバ)」という無料グラフィックデザインツールを使って作成されています。

Canva→https://www.canva.com/

キャンバ

これがめちゃくちゃ便利で、簡単におしゃれなアイキャッチを作れるのです。
(僕のブログのアイキャッチはあまり手は込んでいないのですが。)

実は「Canva」を知るまでは、アイキャッチ画像をパワーポイントで作成していました。
10記事書く中で「パワポ」→「Canva」と進化したのですね。

「Canva」の可能性は、無限大です。

その④:ブログ村サブカテゴリー上位の取得

5記事目を書いたぐらいで、ブログ村に登録をしていました。
最初はランキングに乗るはずもなかったのですが、記事を更新するにつれて少しずつポイントも貯まっていき、2019年6月10日現在ではサブカテゴリー「理系大学生」で4位になっています。

ランキング

そもそも母数が少ないというのもありますが、10記事の更新がなければこのランキング順位にはなりませんでした。

このおかげで、ブログ村からの流入によるPVも見込めそうです。

その⑤:先の道が照らされたこと

懐中電灯

いきなり抽象的になってすいません。でも本当にそう思いました。

10記事を書いたことで、ブログを知り、記事を書くことを学び、SEOの知識も毛が生えた程度ですが増えてきました。

さらにGoogleアドセンスに合格して収益化の準備が整ったことで、「ブログで稼ぐ」ということの現実味が帯びてきました。(実際はまだまだなんですが。)

何が言いたいのかというと、10記事を書いたことによって何か先の道が照らされたような、そんな感じがしています。

そしてそれは、これからブログを続けるための大きなモチベーションになっています。

人間が動くきっかけは、結局は「感情」です!
だからコレは、僕にとって大きかったです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は「ブログ初心者の僕が10記事書いて得たもの」を紹介しました。
この記事を書くことで、改めてこんなに得たものがあったのかと感じました。

この記事が、まだ10記事を書いてない方の後押しになれば幸いです。

次は20記事を目指して頑張ります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました